フライパンのデザイン性

フライパンのデザイン性

フライパンもたくさんの種類がありますが、一体何を基準に選んだらいいのか分かりません。

値段もピンからキリまでありますし、コーティングの種類も多く見られます。

デザインも様々で、お洒落なものもあればシンプルなものもあったりと、いつも購入する時は迷ってしまいます。

素材もアルミ製の物や鉄製のものなど、素人にはどれが良いかなんて分からないので、だいたいの好みで適当に良さそうなフライパンを選んでしまうのですが、すぐに焦げ付いてしまい毎回失敗の繰り返しです。

キッチンに置くからにはやはり可愛い物の方が見栄えも良いのでうっかり購入しがちですが、デザインだけで選んでしまうのはあまり好ましくありません。

コーティングの種類も色々とあり、セラミックコーティングは汚れがこびりつきにくいので良いと話題にはなっていますが、本当かは分かりません。

重さに関しても鉄製よりアルミ製の方が軽いので、義母や子供が使うにはちょうどいいかもしれません。

私も今度試してみようと思っています。

海外のものはどんなもの?

最近ランキングでもトップを走り続けているフライパンがあります。

なんとその製品、ドイツ製でしかも保証期間内に焦げ付いてしまったらコーティングをし直してくれるそうです。

このアフターサポートは主婦にとって嬉しい限りです。

ホームセンターなどで1000円~2000円位の安い物を購入しがちな私にとって、20000円弱と少しお値段がするので購入には勇気がいりますが、以前いつもより少し高めの3000円位の物を購入してもあまり変わらなかったので、それからは安い物で済ませてしまっています。

ただ毎回買ってひと月もたつと焦げ付きが始まってしまい、洗い方を変えてみたりもしましたが効果はみられません。

このドイツ製のフライパンなら、もしかしたらそんな焦げ付きにも悩まされずに済むかもしれないと思い、次に購入予定の一つになっています。

保証つきのフライパン

この製品は、油なしで調理できるというので健康にも良さそうですよね。

ダイヤモンドナノコーティングせいなので、油なしでも焦げ付かないそうです。